こんなにあったの?マンション経営を行うメリット

高い利回りが期待できるのがメリット

今の時代は、銀行にお金を預けているだけでは効率的な資産形成ができません。金利は過去にないほど低く設定されているので、ほとんど利子はつかないのです。資産形成を狙うなら、リスクを取らなければいけませんね。株を始めるのもいいですが、株も配当利回りは低めです。たいていの株は配当利回りが5%以下ですから、リスクを取ってまで資金を回す価値があるかどうか疑問に感じる人もいます。不動産投資は、上手くすれば利回りが10%近くになることもあるので、ある程度までのリスクなら取る価値があるわけですね。

毎月決まった日に決まった額が入ってくる

マンション経営をすると、毎月決まった日に家賃収入が得られるようになります。収入が安定するというのが、大きなメリットの一つでしょう。家賃の額は一定ですから、収入について計算がしやすくなります。この点も、株の配当などとは違っている部分になりますね。収入が計算できれば、事業計画も立てやすくなりますし、メリットはさらに他の部分にも及びます。安定して家賃収入が得られると、精神的にも楽になることが考えられます。

夢の不労所得が得られるのがメリット

働かずにお金を得られるようになれれば、言うことはありませんよね。マンション経営で家賃収入を得ることは、一般的には不労所得に当たると考えられています。実際にはやらなければならない仕事は多いのですが、経営が軌道に乗ればそれもほとんど必要なくなります。普通は賃貸契約は二年ですから、入居者が決まればその後二年間は安定して働かずとも収入が得られるわけです。その間、別の仕事をすれば、さらに収入を倍加させることも可能です。

トラストインベストメントの使い勝手の良さは、今や多くの投資家や会社経営者からの需要が高まりつつあります。